不動産物件を購入する場合の流れを覚えよう

室内

専門家

スーツの人

仕事には専門家がいる場合が多いと言えるでしょう。東京で不動産の表題登記を行う場合には土地家屋調査士という専門家が活躍します。東京で表題登記をする際は、基本的に土地家屋調査士に依頼するのです。東京で土地家屋調査士がどのような仕事をしているのか調べてみましょう。基本的に、不動産の表題登記を行いますが、それに必要な測量や図面設計、登記申請書を書くのが仕事です。東京では不動産の表題登記を依頼することができるのは土地家屋調査士だけと言われています。独占業務として認められているのです。表題登記は法務局に登録されている不動産の情報のことをいいます。不動産の用途や場所、広さなどの情報です。このような土地を分筆したり、合筆したりする時に表題登記が義務付けられています。また、不動産の所有を証明したりする場合には、表題登記が自分の所有物と表現する条件になるのです。住宅ローンを借りる際にも必要になってくる担保の登記も表題登記が条件になります。さらに、このような表題登記には高い測量技術と、豊富な知識が必要になってくるのです。また、境界がはっきりしていない土地の所有権をハッキリさせる際にも役立ちます。厳密には土地の境界についての争いを解決する手段ではありませんが、筆界特定を行うことができるのです。筆界特定をすることで、裁判などで無駄な費用や労力を消費せずに済むようになります。近年、土地の境界についての争いが増えてきているので、土地家屋調査士に依頼して筆界特定をしてもらうと良いでしょう。